menu

みどりの小部屋【vol.25】大人の余裕ってどう生む

更新日:2021.10.22|10(2週間) / 43(累計)

みどりの小部屋【vol.25】大人の余裕ってどう生む

こんにちは。

(株)チャイルドケアサポートの土屋みどりです。

 

みどりの小部屋では、子育て・保育・教育に関することをゆるやかにつぶやいていきます。

 

 

日々子どもと向き合っていて、「分かっちゃいるけどできないんだよ~」

ということ、よくありませんか? 私はしょっちゅうですwink
 

子育てや保育の情報が溢れ、日に日に知識は膨らんでいきます。だからこそ、「分かっちゃいるけど」が増えていく。

 

そんな時やはり思うのは、どんなに素晴らしいスキルより何よりも、まずは「自分の在り方」だなぁということですsad

 

 

先日たまたま我が子のお迎えにいつもより1時間ほど早く行けることがありました。そうしたら、なんと自分の気持ちの軽いことか。

息子がどれだけ靴を履くのに時間がかかっても、帰宅してのんびり手を洗い、お風呂前に裸で一踊り二踊りしたとしても、夕食のサツマイモのたった一切れにチョビチョビ15分掛けたとしても、

「早く!」を言わず、概ね穏やか~に待っていられました。

 

すると、姉弟同士も穏やかに。普段ならケンカ必至の種も、「あっ、ごめんね」「いいよ~」ととてもスムーズにやり取りしていましたblush

こちらが何か言うわけでなく、やはり親の気の持ちようが直に伝染するのですね。

仕事がありもちろん毎日は難しいですが、子どもが早く家にいたら大変で...の気持ちよりも、余裕が生まれて早迎えっていいなぁと思った出来事でしたenlightened

 

 

一方で、余裕を物理的に生み出すことが難しい時、イラっと場面にいかに対峙していくか。ここをマスターできればと修行の日々です...

 

コーチング講座でいつもご紹介する、親自身・保育士自身の自己基盤を整えるワーク。

たとえばイラっとしそうな時、一拍待って自分を俯瞰してみる。自分が自分のコーチになる。その時に自分に掛ける言葉は何か。

それを考えて持っておくといいなぁと思います。

「ちょっと待て、スベキダーになっていないか?」(vol.19参照)

「急がば回れ~!」

「それ以外は全部OK!」

「ここまでよくやった!」

私はこの辺りの言葉を自分に投げ掛けようと思い出しますenlightened(打率5割ほどですが)

できれば声に出すと、自分の耳からも聞けて尚良し。

 

あとは、疲れ切っている時に子どもへは切り替えて元気に接しなきゃ!と思うだけでしんどかったりもします。そんな時は自分を「ニュートラル」に。別に元気いっぱいでなくてもいい、せめてマイナスでなければよし。ということで、センサーを予め2~3コ閉じて、何なら目を開けるのも半目くらいにして、淡々とやることをやるのですcool

 

他には逆に、あぁ噴火しそうとなった時にこそ敢えて、その噴火エネルギーを「わっはっは~!!」と声に出して笑う方に使う。(目は笑えてないですが) するとピーピー言っていた子どももキョトンとして、つられて笑う。空気が和んでいい方向に向かうこともあります。

 

上記はあくまで私の一例ですが、ぜひご自身なりに掛ける言葉ややり過ごし方のレパートリーを2つ3つ持ってみるといいかなぁと思いますsmiley

これも「分かっちゃいるけど」かもしれませんが打率2割でもOK! 1日1回でもステイできれば、1年で365ステイ。万々歳ですlaugh

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

―――――――――――――――――――――

 

☆保育に関するお困り事・ノウハウは、保育現場での体験の共有サイト<ホイクタス>の方にも多く載せられています。私も運営協力者として登録しております。どうぞご活用くださいませ。

  • この記事をシェア:

その他のピックアップ記事