menu

みどりの小部屋【vol.33】抱っこのチカラ

更新日:2021.12.17|3(2週間) / 80(累計)

みどりの小部屋【vol.33】抱っこのチカラ

こんにちは。

(株)チャイルドケアサポートの土屋みどりです。

 

みどりの小部屋では、子育て・保育・教育に関することをゆるやかにつぶやいていきます。(毎週金曜日配信です!)

 

 

近頃、毎晩一度は2歳の息子と全力のケンカをしますwink

内容はさておき、最後はなんやかんや仲直りするのですが、その時必ずどちらからともなくギュッと抱っこをします。

すると、息子の立っていた気持ちがスッと収まるのを感じます。

その度感じる、抱っこのチカラです。

 

保育士をしていて、以前、会う度膝に乗ったり抱っこを求めたりする5歳の男の子がいました。

私はなんとなく違和感を感じてしまい、さりげなく離れるようにしてあそびに誘っていました。

それでもその子は何度もくっつこうとしてくるのです。

 

今思えばきっとその子は、スキンシップのバケツを満たそうと一生懸命だったんですね。

私はそこでもっと存分に受け止め抱きしめればよかったのではないかと思います。

0歳の赤ちゃんなら求められたらいくらでも抱っこしただろうに、5歳だともうしないのか。

そこに差をつける必要はないと感じます。

俗に言う発達段階で考えると、5歳でベッタリしようとするのはいかがなものかとなるかもしれませんし、家庭で十分にしてもらえばいいと言われればそこまでですが、現にその子は満たされていない気持ちを保育士にぶつけている。

子どもは満たされたら促されなくても自然と離れていくわけで、バケツの容量は子どもによって違うのでしょうが、それを満たすべくいくつになっても周りの大人は惜しみない愛情表現・スキンシップをしたらいいんだと今になっては思います。

 

以前先輩から、抱っこは「つ」の付く年齢までするとよいと聞きました。

要するに9つ。重かったら座ってでもいいindecision

たかが抱っこ、されど抱っこ。

子どもにとって、抱っこに勝る心のクスリはないんじゃないかと感じる次第ですindecision

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

―――――――――――――――――――――

 

☆保育に関するお困り事・ノウハウは、保育現場での体験の共有サイト<ホイクタス>の方にも多く載せられています。私も運営協力者として登録しております。どうぞご活用くださいませ。

 

  • この記事をシェア:

その他のピックアップ記事