menu

みどりの小部屋【vol.37】大人の上手くいかない姿

更新日:2022.1.14|24(2週間) / 24(累計)

みどりの小部屋【vol.37】大人の上手くいかない姿

こんにちは。

(株)チャイルドケアサポートの土屋みどりです。

 

みどりの小部屋では、子育て・保育・教育に関することをゆるやかにつぶやいていきます。

 

 

突然ですが、親だって、保育士だって、完璧なわけがないですよねblush

そしてそうである必要もない。

なのになんでか無意識のうちに、「間違わないように」「失敗するところは見せたくない」「いつも明るく元気でいなくちゃ」などと思う自分がいる気がしますwink

 

でも、じゃあ子どもに伝えたいことって何だろうと考えた時に、

「失敗しないこと」ではなく、「それをいかに受け止め、いかに立ち上がろうとするか」なんですよねblush

 

だから大人自身がもっと、調子の出ない姿や失敗する姿、間違ったなと思う姿も臆せず見せればいいわけで。

そして決して何かのせいにすることなく、

「あ~失敗しちゃったな~!どうすればもっと上手くいくんだろう...」と子どもの前で考えたり、

「ごめんなさい、こうすべきじゃなかったね。~って言えばよかったね」などと素直に謝ったりとしていくといいかもしれません。

 

そういった姿から子どもは、失敗してもいいんだということや、それとどう向き合うかということ、人のせいにしないやり方などを学ぶんですねindecision

また、大人も失敗して覚えるんだ、その中でいい選択をしようとしているんだ、完璧な人はいないんだ、などと自然と感じ、自分も人も「認める」ことを覚えていくのではないかと思いますblush

 

合言葉は「共育」

と、折に触れ自分に投げかけておりますenlightened

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

―――――――――――――――――――――

 

☆保育に関するお困り事・ノウハウは、保育現場での体験の共有サイト<ホイクタス>の方にも多く載せられています。私も運営協力者として登録しております。どうぞご活用くださいませ。

  • この記事をシェア:

その他のピックアップ記事