menu

みどりの小部屋【vol.72】それは絶対ムリだよ

更新日:2022.11.25|21(2週間) / 21(累計)

みどりの小部屋【vol.72】それは絶対ムリだよ

こんにちは。

(株)チャイルドケアサポートの土屋みどりです。

 

みどりの小部屋では、子育て・保育・教育に関することをゆるやかにつぶやいていきます。

 

 

子どもの発言を聞いてギョッとすること、よくありますbroken heart

その言葉どこで覚えたの~!?(いや、私の口癖か...)

 

「言霊」と言われるように言葉には魂が宿っていて、その一つひとつが人を作っていくenlightened

スポンジのような吸収率の幼少期は、大人よりもずっと言葉の影響は大きいはずですね。

 

私が無意識のうちに発しているネガティブ口癖、色々とあるのですがcrying

 

中でもこれだけはまずやめようと自戒しているのが、「絶対ムリ」です。

 

子どもは可能性に満ちた存在であり、特に幼少期は何の疑いもなく「なんでもできる!」と子ども自身思っています。

「絶対ムリ」と判断するのは、その人の尺度に過ぎない。

たとえ経験上や物理的にムリだと明白でも、その終着地は一つではないはず。

大人の思う「成功」が、その子にとっての「目的地」とは限らない。

いわゆる「失敗」が「スタート」になり、そこから開ける世界がある。

 

それを、「いや、それはムリだからやめときな」と良かれと思って制止するのは、ある意味傲慢でもある気がします。

そう言われているうちに、子どももいつしか「どうせムリだし」と思うようになってしまいますcrying

 

親として、保育士として、心身の危険に関わること以外は「なるほど、じゃあやってみよう!」と背中を押せる人でありたいです。

それがどんな結果になろうと、「よく頑張ったね」と受け止め、「じゃぁ次はどうしたらいいんだろうね」と一緒に考えられる人でありたいと思いますsmiley

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

―――――――――――――――――――――

 

☆保育に関するお困り事・ノウハウは、保育現場での体験の共有サイト<ホイクタス>の方にも多く載せられています。私も運営協力者として登録しております。どうぞご活用くださいませ。

  • この記事をシェア:

その他のピックアップ記事