menu

みどりの小部屋【vol.60】ネネちゃんと私

更新日:2022.8.5|3(2週間) / 72(累計)

みどりの小部屋【vol.60】ネネちゃんと私

こんにちは。

(株)チャイルドケアサポートの土屋みどりです。

 

みどりの小部屋では、子育て・保育・教育に関することをゆるやかにつぶやいていきます。

 
 
先日、娘が5歳になりました。
 
同時に、娘2歳の誕生日に我が家にやってきたネネちゃん(お人形)は3歳になりました。
 
5歳になった今もネネちゃんLOVEで、頻度は減ったものの、時にお風呂も寝るのもお散歩も一緒。
 
そんな姿は可愛いですが、同時に私自身も触れ方には気を付けねばと感じますblush
 
娘はまだ、生き物とそうでない物の境界が曖昧なところがあります。
そんな時だからこそ大切にしたい、人形の扱い方。
 
足や髪などわしづかみにせず、体を抱く。
ポイっと投げたりおもちゃ箱にギューギュー詰めたりせず、そっと置いて居場所を作る。
出来るだけ愛情を込めて触れるようにしています。
(増えすぎた人形はそっと押し入れの奥にしまったりはします。)
すると子どもは本当によく見ていて、真似て大事に扱おうとするんですよねenlightened(逆もまた然り)
 
人形・ぬいぐるみはまだ意識しやすいですが、どんな物も同じ。
靴も、カバンも、絵本も、
投げたりグチャグチャにしたりなどと乱雑にせず、そっと置く、並べる、丁寧に。
 
おおざっぱな私は実際すぐにボロが出そうになりますがwink
物を扱う丁寧さは、ひいては「人への優しさ」「人への敬意」に繋がると思っています。
ですので、子どものため、自分のため、無理なく意識していきたいと思いますlaugh
 

お読みいただきありがとうございました!

 

―――――――――――――――――――――

 

☆保育に関するお困り事・ノウハウは、保育現場での体験の共有サイト<ホイクタス>の方にも多く載せられています。私も運営協力者として登録しております。どうぞご活用くださいませ。

 

  • この記事をシェア:

その他のピックアップ記事