menu

みどりの小部屋【vol.78】0歳、全てわかっている!

更新日:2023.1.20|23(2週間) / 23(累計)

みどりの小部屋【vol.78】0歳、全てわかっている!

こんにちは。

(株)チャイルドケアサポートの土屋みどりです。

 

みどりの小部屋では、子育て・保育・教育に関することをゆるやかにつぶやいていきます。

 

 

「子どもは何歳でも(胎児期からも)、大人の言うことは全て聞いていて、全て分かっている」

よくそう言われますblush

私もそう思っています。

 

ちょうど先日、

「(0歳の子は)まだ理解できないから~」

といったことを聞きました。

 

もちろんその趣旨は、「どうせ言っても分からないし」ではなく、「より丁寧な誘導やサポートが必要だよね」ということだったと思います。

 

ただ、私の中で、「まだ理解するには幼い」という概念自体を外したいと思っています。

 

例えば、「いつの間にそんなことできるようになったの?」「どこでそんな言葉覚えたの?」などということ、よくあります。

それは、こちらが思っているよりもずっと、子どもは何気ない大人の言動を理解しているからだと思います。

そしてそれを表出できる段階になるまで備えていて、「いざ」と表した時に大人を驚かせるようです。

 

ところが、「まだ言っても分からないから」と思って言葉にせず、ただ受け身にさせていたら...

せっかく行動に移したり言葉にできたりする発達段階になっても、その材料が足らないということになってしまいそうです。

それではもったいない !

 

例えば、床に落ちた絵本を踏みつける0歳児に対し、

・まだ言っても伝わらないからと思ってササッと片づける

・「絵本は大事だから踏まずにここにしまおうね」とその都度伝えながら片づける

その2つでは、積み上がって大きな差になっていくのだと思います。

(毎度毎度になることも、その度伝えることが大事enlightened)

 

年齢や発達によって大人のサポート具合は変わってきますが、

一方で、言葉掛けや見本となる大人の行動は、0歳でも5歳でも変わらず、丁寧に示し蓄積させていけたらと思っています。

 

 

お読みいただきありがとうございました !

 

―――――――――――――――――――――

 

☆保育に関するお困り事・ノウハウは、保育現場での体験の共有サイト<ホイクタス>の方にも多く載せられています。私も運営協力者として登録しております。どうぞご活用くださいませ。

  • この記事をシェア:

その他のピックアップ記事