menu
ほいくえVoice

【vol. 39前編】ゆるやかに、楽しく、ポジティブに

更新日:2022.8.29|17(2週間) / 92(累計)

みきさん
30代 保育士歴9年目
就職活動中
 
―まず初めに、保育士になったきっかけを教えていただけますか?
 
自分が通っていた保育園で担任してくれた先生が本当に大好きで、今でもやり取りをして、仲良くさせていただいています。卒園してからお祭りなどの保育園行事にも、足を運んでいました。
 
―20年以上のお付き合いということになりますよね!すごいです。
 
はい!憧れの大好きな存在だったので「保育士になること」以外眼中になかったです。中学校を卒業して高校に進学するときから、保育系に進学するコースを選びました。
 
―一途に保育士になる夢を追いかけて、短大で保育を学ばれて保育士になられたのですよね。念願の保育士になったときに感じた壁はありましたか?
 
もう、ぶちあたる壁しかなかったですよ!!なかなかのブラック保育園だったこともありますけど、自分自身としてもアルバイトなどの社会経験が全くないまま、卒業したら学生が急に社会人、保育士になったという感じだったので、それはそれは大変でした…。
仕事の進め方、姿勢、言葉遣い、現場の先生方の様子を見様見真似で、毎日とても必死でした。学業に専念するべしという家族の意向があり、社会経験を積まないまま保育園に入職したんですよね。たしかに短大で保育を学ぶと2年間講義がずっと詰め込まれていて、学業もアルバイトも頑張ろうとすると、とてもハード、両立が難しい面もあります。それでももう一度保育学生に戻れるなら、アルバイトは絶対にすると思います。
 
―アルバイトをするとしたら、どんなことをしますか?
 
当時はカフェや居酒屋さんで働いてみたいと思っていました。興味があること、やってみたいことで、仕事を通じて人との関わり方を体感したいなと。学生の間って本当にできることが無限大で、自分の時間も一番あって。社会人になると自分の時間を作ることがどんどん難しくなりますよね。毎日8時間働いて、保育の現場だと早番や遅番も土曜出勤もあって。
 
―入職した先がブラック保育園だったというお話もありました。
 
全然帰れなかったですね。早番だと6時半に出勤して、本来ならば15時半に退勤できるはずなのですが、21時まで居残っていたり。
 
―なぜそんな長時間になるのでしょう?
 
書類仕事がとにかく多くて、新人なのでわからないところは先輩にチェックしてもらって完成させていました。その先輩に見てもらうのが夕方だとそれを待って、また返ってきて、もう一度直して提出して、また返ってきて、のやり取りを繰り返していたら夜になっているんです。
体調を崩しても休むことが許されなくて、診断内容を報告しても「出勤してできる範囲で保育してほしい」と言われてしまいました。ある時原因不明の発疹ができて、足が腫れて動きづらいときも、そんな感じで保育していました。そのうちに本当に体調を大きく崩してしまって、その職場は退職しました。
 
―とても大変だったのですね。退職するにも勇気がいるという保育士の方の話も聞くことがあるのですが、みきさんは悩まなかったですか?
 
職場と、自分の健康を天秤にかけて、どちらが大事か?って考えたんですよね。そしたらやっぱり、自分自身の健康が一番大事だと。担任している園児のこと、いつも話してくださる、新人保育士の自分を応援してくれる保護者の方を考えたりすると「もう少しこの子たちの保育をしたい」の気持ちも確かにありました。けれど自分の健康の大切さに気付いたら、「ここで退職して、そのあと転職した先の職場にも、子どもたちとご家庭はある」と気持ちを切り替えることができました。
 
―最近は保育者のコミュニティ設立を目指しているのですよね。
 
Twitterを始めたら、たくさんの保育者の方と繋がることができました。保育の仕事を楽しめていない方、疲れてしまって悩んでいる方がいることも見えてきました。「みんなと知り合いになれないなんてもったいない!」の気持ちと、「捉え方や考え方が変わるきっかけがあったり、意見を交わす機会があったりしたら、ネガティブなこともポジティブに変えられるのではないか」と思ったことがきっかけですね。ゆるやかに、楽しく、そういう場を作れたらいいなと画策中です。
 
みきさん、この度はインタビューにご協力くださりありがとうございました!保育園を退職して、しばらくは保育から離れる時間を過ごしていたとお伺いしました。後編ではそのときのお話も聞いてみたいと思います。
 
【みきさん×保育のひとコマ】
食べることと服が好きです♡ 保育者のみなさまが楽しくお仕事できますように...★(みきさん)
 
みきさんのTwitterはこちら
 
(2022.8 聞き手・編集:鏡味)
  • この記事をシェア:

その他のほいくえVoice