menu

埼玉県所沢市

認可外保育施設

リカルド保育園

リカルドホイクエン

43(直近)/923(累計)

埼玉県所沢市北野新町1丁目4-19
04-2968-3622

幼児教室キャンペーン

施設PR

リカルドキッズガーデンの施設内にある認可外保育園です
「子どもたちの第二の居場所になれば・・・」
そんな願いから、預ける理由は問わずどなたでもご利用いただけます。
365日、土日祝日も開園しています
全面人工芝の広い園庭と、アットホームな雰囲気の園舎でお出迎えいたします☆
見学も随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください!

施設概要

施設タイプ
認可外保育施設
施設名称
リカルド保育園
住所
〒359-1155 埼玉県所沢市北野新町1丁目4-19
HP
電話
04-2968-3622
最寄駅
開園時間
開園時間:07:30~20:00
上記時間帯から利用者ご自身オーダーメイドで利用時間を設定いただきます。
それに応じて費用を算出いたします。
※他時間帯も要相談ください!
アクセス
西武池袋線 小手指駅 徒歩12分/敷地内駐車場あり

地図を見る

一時保育
あり / 1時間1,000円~
送迎オプションあり

一時保育を申し込む

土曜保育
あり
休日保育
あり
24H保育
なし
給食
あり / 栄養士監修の献立で手作りの給食を提供しています☆
その他
2023年2月&3月は無料保育体験&説明会を実施中☆
詳しくはお問い合わせください
LINE:@427sgcti

定員数(総定員:20名)

0歳児
2名 / 3名
1歳児
3名 / 4名
2歳児
3名 / 4名
3歳児
3名 / 3名
4歳児
2名 / 3名
5歳児
3名 / 3名

生後57日~受け入れが可能です

保育費用(入園金:なし)

0歳児
80,000円 
1歳児
70,000円 
2歳児
70,000円 
3歳児
60,000円 
4歳児
60,000円 
5歳児
60,000円 

上記はあくまで参考金額です。

リカルド保育園ではオーダーメイド保育システムになっております。
保育園ではなく、利用者に保育時間を設定いただきます。
それに応じて月額費用を算出してご提示いたします。

保育費用に給食、おやつ代が含まれています。
3歳児~は保育料無償化の対象です(上限37,000円)。

※情報が古い場合がございます。施設にお問い合わせください。

事業者情報

経営主体/管理者
株式会社Le-caldo  武内 美緒
事業開始
2022年05月01日
従業員
保育士:4名   保育補助:6名   調理スタッフ:2名   保育士以外:2名
メールアドレス

スタッフ紹介

  • 武内美緒

    武内美緒

    質問:これまでの職務経験とLe-caldo 入社のきっかけを教えてください。

    回答:私はこれまで、保育園、託児所、ベビーシッターでの勤務経験の中で様々なご家庭の育児を支援してきました。
    Le-caldo への入社は、小手指の事務所の片隅で看護師さんのお子さん達を時々お預かりするベビーシッターがスタートでした。

    ---------------------------------------

    質問:Le-caldo でベビーシッターをする中で印象的な出来事はありましたか?

    回答:お子さんの急な体調不良で保育園等から電話をもらっても、すぐに駆け付けることはどのようなお仕事であっても難しいと思います。特に訪問看護の看護師さんたちは、患者さんのご自宅に訪問に行っていると、お子さんの体調不良を知らせる電話をとることが難しい現状があります。患者さんへのケアを中断して電話に出たとしても、少なくとも今いる患者さん宅の訪問を終えないとご自身のお子さんをお迎えに行く調整をすることもできません。その様な時に、看護師さんから依頼を受けてお子さんを保育園に迎えに行き、事務所でお預かりすることがありました。

    また、看護師さんのお仕事の特性上、伺ったお家で患者さんが急変したり、緊急訪問が入ることで予定していた就業時間がずれる事がどうしてもあります。私が保育園にお迎えに行きお子さんの夕食のお世話をしたことで、安心して患者さんのケアに集中できたと看護師さんに言ってもらったこともありました。Le-caldo でのベビーシッター経験の中で、昼夜問わず働く方々のニーズに応えられるような仕組みがあれば、看護師さんはもっと安心して患者さんのもとへ訪問に向かえるのではないかと常々感じておりました。

    ---------------------------------------

    質問:子どもの急な体調不良も患者さんの急変も看護師自身にはコントロール出来ない事柄ですね。
    イレギュラーな事態でも患者さんのケアに集中できるサポートはとても心強いです。

    回答:その様な中で、企業内保育園の立ち上げと園長になってもらえないかというオファーをいただきました。私は地域の保育園では充足できていない早朝や夜間の保育の提供、保育施設間のお迎え、病児保育など潜在的なニーズに対するサービスの提供を提案しました。コロナ禍で潜在看護師の存在に注目が集まったこともあり、“子どもがいるから働けない”という葛藤に寄り添い、保育の力で解決へのお手伝いをしたいという気持ちが増していたのです。

    ---------------------------------------

    質問:オファーを受けるだけでなく、自身のお考えから提案もされたのですね。

    回答:仕事を持っているかいないかに関わらず、子育てをする全ての方が安心して預けることができる保育園の設立を目指す、これは私にとってチャレンジでもあります。この保育園の設立をきっかけに、保育士の働き方が激務であるにも関わらず給与水準が平均的に低いこと、Le-caldo で働く看護師さん同様女性が多い職業であるゆえにライフスタイルの変化による離職率が高いこと等、社会的課題も意識するようになました。社会へ働き掛けていくことが使命だと感じております。

    ---------------------------------------

    質問:保育園設立をきっかけに保育士の職業的な社会課題にも意識が向かれているのですね。
    武内さん自身はどういった保育士像を目指されていますか。

    回答:子育ては仕事を持っているかいないか、父親か母親か性差は関係なく皆様々な悩みを抱えながら手探りで育児をし、時には涙することもあるかと思います。そういったときに手を差し伸べ寄り添い、頼られる存在でありたいと思います。私たちが設立する新たな保育園もまた、地域のたくさんの人達に囲まれ育まれながら、未来を担う子どもたちとご家族を応援していきたいと考えています。

    詳細はこちら