menu
ほいくえVoice

【vol.2 前編】パワフルに!そして楽しく!

更新日:2021.4.3|50(2週間) / 50(累計)

柔ちゃんさん

1989年生まれ 保育歴9年目

一児の母

 

 

―9年目ということで、新人の時代も終わりこれまでの経験を生かしながらの第二ステージに入られたかと思います。ズバリ、今の目標をお聞かせください!

 

昨年度一緒に組んでいた先輩が、ベテランでありながらとてもパワフルな先生でした。子ども達と思い切り走り回って遊んでいて、かっこいいなといつも思っていました。私もこれから年を取ったりいつか役職がついたりしても、いつまでもパワフルに子ども達と遊び回る保育士でいたいです。

 

―パワフルに遊んでくれる先生、いいですね!そういう保育士を目指し、日々心掛けていることはありますか?

 

子育てと仕事の両立はすごく疲れてしまいます。そうすると、子ども達のおふざけなど普段は許せることも頭ごなしに怒ってしまうことがあります。それではいけないと、毎朝しっかり気持ちをリセットして一日を始めようと意識しています。

 

―家庭でも職場でもパワフルに子どもと接していく、疲れないわけないですよね。リセットすることって、本当に大事です。その方法とは?

 

ん~、夫に話します。仕事を家庭に持ち込むなっていつも言われるけど、勝手に話します(笑) 他には、ゲームをやったりTVerでドラマを見まくったり。あ、あとはやっぱり、ぺえの動画です!

 

―ぺえの動画!?

 

そうそう、元気が出るのでオススメです。そんな感じで、休みの日はグータラもしています。

 

―オンオフをしっかり分け、リセットして仕事に向かうわけですね。柔ちゃんさんを支えるぺえさんの動画、ぜひ観てみます!もしお仕事中に疲れが取り切れてないなと感じたら、オススメの対処法はありますか?

 

うーん…ふざける!子どもに対し、ふざけた怒り方とかをします。

 

―え、どんなふうに!?

 

ほっぺたをプクプクに膨らませて「こーらっ!!」って変顔するとか、柔道技をかけたりとか、自分の服の中に子どもの顔を入れちゃったりとか(笑)

 

―なんですかそれ、サイコーですね!

 

そうするとお互い笑ってリセット!

 

―それは楽しくなっちゃいます。いいことだ! そんなパワフルで楽しい柔ちゃんさんにも、うまくいかないなぁと落ち込むことがあるのでしょうか...インタビュー後編に続きます!

 

 

(2021.4 聞き手・編集 : 土屋)

  • この記事をシェア:

その他のほいくえVoice