東京都立川市版

認可外保育所ガイド

ブログ紹介(運動の敏感期)|社会福祉法人恵比寿会 森の子ナーサリー

お知らせ・イベント

ブログ紹介(運動の敏感期)いろいろ

モンテッソーリ教育では「敏感期」というものがあります。

これは、この乳幼児期にしか現れないもので、ある一定の期間

ある特定の事柄に強烈に興味を持ち、吸収する時期のことを言います。



こちらのお子さんは「運動の敏感期」が現れています。

公園にある少しの起伏ですが、こちらのお子さんは

何度も何度もその起伏を登り降りするのです。


皆さんも経験ありませんか?

お子さんが階段や段差を何度も登ろうとする時期を。

大人は危ないからやめて欲しいと思うのですが、そんな大人の

気も知らず何度も階段を登ろうとする時期。

「やめて」と何度言っても聞かない、ティッシュを延々と出す時期。

これを「運動の敏感期」といいます。

そしてその繰り返しの時期は気づけばいつの間にか

なくなっていませんでしたか?

敏感期は一定の時期にしか現れないのです。

これは身体がその運動を通して成長をしたいという

欲求から来るものです。

起伏を往復するこのお子さんは、坂道を登り降りすることで

体のバランス(平衡感覚)(調整力)を養っています。

このように繰り返すことには必ず意味があります。

ただの子どものイタズラとは思わずに

時にはお子さんを見守って「敏感期」という言葉を

思い出してみてくださいね。


ナーサリーブログ

2020.05.22更新

  • この記事をシェア: