東京都立川市版

認可外保育所ガイド

社会福祉法人恵比寿会 森の子ナーサリーお知らせ

お知らせ・イベント

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 掛ける近況

    「掛ける」お仕事です。

    写真のように両手の指先で紐を持ち、

    フックに掛けています。

    単純なことのようですが、この指先への

    集中が必要な動作を繰り返すことにより、

    目と手の協応動作が身に付きます。

    フックに掛ける距離感や、指先の巧緻性など

    「掛ける」動作で得られる能力は多いのです。

    そしてお子さん達もとても集中して取り組みます。

    モンテッソーリ曰く、「子どもは集中を求めている」


    このような集中して取り組めるお仕事の繰り返しによって

    集中することを覚え、保育目標である

    「集中力のある粘り強い子ども」へと繋がっていきます。


    森の子ナーサリーHP

    2020.07.03更新

    人を愛し、自分を愛し、自然を愛する子ども近況

    森の子ナーサリーは0、1,2歳児のたてわり保育を行っています。

    乳児と言われるこの年齢でも異年齢の関りがしっかりと見られます。

    2歳児のお子さんが1歳児のお子さんの手を引いて段差を越えています。

    しっかりと相手の様子を伺いながら小さい子のペースに合わせて

    手を引いています。

    泣いているお子さんを見て、「どうしたの?先生の所にいこう?」と

    声を掛け手を引き先生の所へ向かっている最中なのです。

    当園の保育理念「人を愛し、自分を愛し、自然を愛する子ども」を

    実践しているような光景です。

    自分自身が満たされているお子さんは、他者や自分の周りの環境までをも

    愛することができます。

    乳児期のうちにしっかりと満たされて過ごすことで、人に優しくできるのですね。

    とても温かい気持ちにさせてくれる場面でした。


    森の子ナーサリーHP

    2020.07.03更新

    七夕飾り近況

    去年の七夕飾りです。


    今年もこれから届く笹に飾る七夕飾りを制作中です。

    森の子ナーサリーではみんなが同じものを作るような制作物を

    しないのですが、伝統的な行事である七夕は別です。

    色々な七夕飾りをお子さん達が選びながら作っています。

    どんな飾りになるか楽しみです。


    森の子ナーサリーHP

    2020.06.30更新

    いろいろ

    森の子ナーサリーの0歳児保育室には大きな鏡があります。

    この鏡はモンテッソーリ教育における乳児期の発達には

    欠かせないものなのです。

    生まれたばかりの赤ちゃんはおっぱいからお母さんの顔の

    距離(30㎝程)しか認識できないのですが、

    月齢が上がるとともに視野も広くなっていきます。

    そして広がった視野の先には様々な人や物との出会いが

    待っています。

    そして鏡は赤ちゃんの認知能力に大きく影響します。

    ・自己と他者の違いを認識できる
    ・自分の顔や身体のパーツの動かし方を理解する
    ・表情が豊かになる
    ・共感能力が育まれる

    といった効果があるのです。

    森の子ナーサリーの0歳児はまさに今、鏡を通して

    様々な能力を培っています。


    森の子ナーサリーHP

    2020.06.29更新

    ブログ紹介(ゴミ拾い)近況

    これは公園に落ちていたゴミを集めたものです。

    森の子ナーサリーでは頻回に近くの公園を利用し、

    戸外遊びを楽しみます。

    公園で遊ぶ前には危険な物が落ちていないか、

    危険な箇所がないか確認をしてから遊びます。

    公園はたくさんの人が利用する場ですので、

    残念ながらこういったゴミがよく落ちています。

    今日はこんなにたくさんのゴミが捨てられていました。

    このゴミは市役所に連絡をすると

    回収しに来ていただけます。

    地域の公園ですので、皆が気持ち良く利用できるように

    地域の一員として微力ながら

    こういった活動をしています。


    森の子ナーサリーブログ

    2020.06.26更新

    0~3歳の大切さいろいろ

    脳科学では脳は3歳までに80%完成されると言われています。

    この一言でなぜ3歳までの関りが大切か分かります。

    しかしモンテッソーリ教育の観点からもう少し踏み込んで解説します。

    モンテッソーリ教育では0~3歳の時期を「精神的胚子」と呼びます。

    胚子とは生物の発生におけるごく初期の段階の事です。

    人間では胎児の前、人間としての器官が形成される前の時期の事を

    「胚子期」や「胎芽期」と呼びます。

    つまり、生まれたばかりの人間の精神(脳)は胚子の如く非常に未発達で、

    この時期の環境により形成のされ方が変わってくるということです。

    妊娠初期は(初期に限らずそうですが)母体を労りましょうと言われますよね。

    それは胎児になる前の胎芽の時期だからです。人間として必要な器官が

    形成される時期は特に無理をせず母体(胎芽を取り巻く環境)を

    安定させることが必要なのです。

    脳の胎芽期も同様のことが言えます。脳の形成、発達の時期である0~3歳は

    適切な環境が求められます。お母さんのお腹の中であれば、

    適切な静養や十分な栄養などとなりますが、

    0~3歳に対しての適切な環境とは何でしょうか?

    それは精神的、生理的、身体的な欲求を満たせることです。

    たっぷりと甘え、安心でき、食事や睡眠、排泄が行え、成長と共に

    変わる発達の欲求を満たすことができる環境が適切な環境です。


    森の子ナーサリーHP

    2020.06.26更新

    ブログ紹介(ブーメラン効果)いろいろ

    皆さんは今やろうとしていることに

    横やりを入れられたらどう思いますか?

    きっと「今やろうとしているのに!」と

    反発をするでしょう?

    これを心理学では「ブーメラン効果」といいます。

    こちらのお子さんはハサミをしています。

    ハサミの先が反対の手の方に向いています。

    こんな時「あぶない!」や「こうするんだよ」と

    横から声をかけてしまいませんか?

    するとお子さんはきっとやる気を失くしてしまうことでしょう。

    大人は少し我慢をしてください。

    そのうち段々とハサミの向きが反対の手から離れていきます。

    やり方を知らないわけではないのです。

    ただ指先や手首がうまく動かせないだけなのです。

    横やりを入れてしまうことで

    お子さんが新しく習得する機会を奪わないように。

    お子さんの能力を信じて見守りましょう。


    森の子ナーサリーブログ

    2020.06.24更新

    ブログ紹介(金曜日!)いろいろ

    1週間使ったシーツを先生に丸めてもらい、自分のロッカーへ運びます。

    大人がやった方が早いですが、「自分で出来た」はこんな場面にもあるんです。

    少し迷ってしまうこともあるけれど、着実に

    「自分で出来た」を経験しています。

    ご家庭でも「自分で出来た」を経験できるよう、

    ちょっとしたことから始めてみませんか?


    森の子ナーサリーブログ

    2020.06.23更新

    ブログ紹介(環境の大切さ)いろいろ

    いつもテラスで遊ぶときは走り回ったり、チューブで電車を作って

    遊ぶなどテラスの中を縦横無尽に動き回るお子さん達ですが、

    今日は絨毯を一枚敷いてみました。

    すると、、、

    絨毯の上に乗って座ってみたり、寝転がってみたり。

    ジャンプしてみたり,でんぐり返しまで。

    絨毯を1枚敷くだけで、お子さん達の遊びが

    劇的に変わりました。

    大人が「こうやって遊ぶんだよ」なんて教えなくたって

    自分たちで遊びを創り出していきます。

    ちょこっと環境を変えるだけで

    遊びの幅が広がります。

    環境を整えることが大切だと感じることが

    出来る一場面でした。


    森の子ナーサリーブログ

    2020.06.23更新

    ブログ紹介(雨の日散歩)近況

    今年も実施することができました!

    「雨の日散歩」

    雨ふりの日は気分が憂鬱という大人の方は

    多いのではないでしょうか?

    そんな気持ちも分かりますが、雨の日だからこそ

    できる事を楽しむ。そんな心の持ちようで

    大人が楽しめば、お子さん達も楽しい気持ちで

    過ごすことができますね。



    普段は入らないで!といわれるであろう

    水たまりも、合羽に長靴の完全装備で

    思う存分楽しめます。

    いつも遊んでいる場所も天気が変わるだけで

    違う場所のように感じます。

    乳児期とはいえ、体験を通して感じることは

    原体験としていつまでも記憶に残ります。

    これからも様々な経験をできるように

    保育をしてまいります。


    森の子ナーサリーブログ

    2020.06.19更新

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4