東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

0歳〜6歳の教育園《ラバント世田谷園》2020年4月八雲自由が丘園開園お知らせ

お知らせ・イベント

制服採寸を行いました【八雲自由が丘園】近況

詳しい当日の様子については、アメブロをご覧ください。

世田谷園も続きます。
進級児・新入園児の皆さんよろしくお願い致します。


ラバントのアメブロはこちら

2020.02.09更新

2020年アメブロが本格始動しましたいろいろ

保育園ってどんなところだろう?

ラバントって何をしているんだろう?

アメブロでは、ラバントの日常をお届けしています。
皆さんに馴染みやすい記事を心がけて配信しますのでお気軽にアメブロへお越しくださいませ。


ラバント世田谷園・八雲自由が丘園アメブロ

2020.02.07更新

能力の問題ではなく「習慣」の問題いろいろ

基礎的生活習慣の定着

とは、難しい単語が並んでいるように見えますが「毎日の習慣づくり」とも呼べるでしょう。

幼児教室やお受験対策で短期的に学ぶ内容と
園生活で感じる側にある幸せは違います。


子どもたちの生活基準の軸を形成していく就学前。
毎日毎日当たり前の基準を高めることに意味があると確信しています。


大人も社会生活で、当たり前のことが実践できない人間が多いので新人教育や様々な研修が重なります。
子も大人も「教育」が人生の基礎基盤になることを0歳から意識することも良いのではないでしょうか。

子どもの成長はとても早いです。
今をみるのではなく子どもたちの先をみて道しるべとなる大人でありましょう。


ラバント世田谷園

2020.02.06更新

ラバントのことを詳しく知りたい方へ近況

2020年は、アメブロが配信されます。
保育園の様子
保育園ってどんなところだろう?
ラバントって何をしているの?
などなど、ラバントに少しでも興味のある方は是非ご覧ください。


ラバントのアメブロ

2020.02.04更新

初めての園生活「どんな園生活を送りたいですか?」新年度保護者会より近況

1月25日(土)に開催された新年度保護者会について4月から始まる園生活について、どんな園生活を送りたいか?お母様方にお答えいただきました。

不安と希望に満ち溢れた回答ばかりです。
これから始まる園生活。
子どもたちの社会生活を応援しましょう。

◆毎日子供が楽しく登園でき、その中でお友達や先生との関わりを通じて協調性を学んでほしいと思います。親だけではなかなか気がつけない子供の様子を先生たちと共有できたら嬉しいです。

◆子供と先生と家で連携して楽しく、一緒に学びながら生活して行けたらと思います。

◆お友達をたくさん作って欲しいです。園では規律や忍耐、協調性を学びつつも自分の個性をさらに伸ばしてくれたら嬉しいです。園の先生方と連携を取りながら家庭でもサポートをしていきたいです。

◆子供と共にいろいろと改めて学べたらと考えております

◆同年代の子供たちや先生方との集団生活でコミュニケーション能力や協調性を身につけると同時に、自分らしさを発見・伸ばしていってほしいです。

◆子どもが生き生きと生活できること、親以外の保育園の友達や先生とと互いに刺激しあいながら関係を育んでいけるような園生活をのぞみます。

◆お友達や先生方、良質な教育に触れ、ますます五感を刺激される毎日を送らせたいです。また帰宅後も園生活と齟齬のない、一貫した教育を心掛けることで息子の全面発達を促せればと思いました。

◆毎日楽しく過ごして行ける環境、小学生になっても困らないようにいろいろとご指導よろしくお願いいたします。

◆成長を共に喜んで頂ける先生方がいる中で、色々な事を学び、またもっと出来るようになりたい!と常に上を目指す気持ちを育んでもらいたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

◆子供が楽しく健康に団体生活を送れるようにしたいと思っています。

◆保育園での生活を楽しみながら元気に育ってほしいと思います。

◆先生方としっかりと連絡をとり、子供にとって何がベストなのかを考えながら成長していければと思います。また子供にとって楽しい園生活にしたいです。

◆まずは笑顔で毎日を過ごせること、続いて、子供の可能性を伸ばしていける、適切な発達を促していけるような園生活を送りたいです。

◆子供も親も笑顔で、お互いに希少な時間となる園生活になる事を願います。

保育園という幸せな空間で子どもたちの心を育んでまいります。


ラバントプレスクール

2020.02.03更新

八雲自由が丘園保護者会「印象に残った言葉」いろいろ

《八雲自由が丘園保護者会で保護者様が印象に残った言葉》



◆非認知能力を育てるという言葉。数値化されない、でも人としての基盤として非常に大切なものを構築していくという話が印象的でした。

◆子供のお陰で母親になれた共鳴、共感、共体験

◆共鳴・共感・共体験

◆教育はちょっとの無理のさせ続けということ

◆非認知能力が認知能力や社会力の基盤になるというお話しが印象的でした。

◆保育園と家庭が足並みそろえて教育をしていくこと。

◆細かいことになりますが、非認知能力は身近な人からしか学べない、という点です。家族が子供の模倣になることはもちろん、大人が周りの環境をしっかり整えてあげることが本当に大事だと感じました。

◆将来の学習意欲だけではなく大切な人間形成の土台となるもの

◆子供は常に成長したい、上を目指したいという心を持っているという所です。子供が向上心を持ち挑む事を親が勝手に限度を決めてはいけない。また先生方が、子供達の学習意欲を伸ばしてあげたいと強く思っているという事を強く感じました。

◆子供と共に親も成長していく。

◆親も子供などから学んで育っていかなければならないという言葉です。

◆園と子供だけでなく、保護者も一緒に園を作り上げる。

◆「適した時期に適した教育を」深くその通りだと思いました。あっとゆうまに過ぎていく毎日ですが、子供の成長のために、今何が必要なのかを考え続け、実践し続けていく親子生活にしていきたいです。

◆子育てはちょっと先の見せ続け、という言葉に今やっている事が意味がいつかはあると心強く思いました。


園生活を通じて、親も親としての自覚や子育ての素晴らしさを実感していきます。
〜子と共に学ぼう〜


ラバントプレスクールFacebook

2020.01.31更新

八雲自由が丘園保護者会感想近況

1月25日(土)4月に開園する八雲自由が丘園の保護者会も開催しました。
4月からの集団生活に向けて事前準備を進めて参りましょう。

◆日々の子育てを真剣に取り組まなければという気持ちになりました。あや先生の話を聞いていると親として実践すべきことが明確になり、今までワンオペで子育てをしてまいりましたが、園のお母様たちや先生という仲間ができたようで心強いです。

◆本日は素敵なお話ありがとうございました。日々子供の成長の為に何をしたら良いのか、自分の中で模索しながら子育てをしてきましたが、ラバントの教育理念などのお話を聞き、再認識できたこと、あの時のあの対応は良かったのかも、など自分の中で厳しかったかなと反省した事なども、それで良かったのだと教えて貰えた気がしました。まだ、甘い部分もあり子供の指導でうまく行かないこと、大変で諦めていたことなどありますが、今日からまた頑張れる気がしました。子供から学ぶこと、再認識させられることばかりですが、これから楽しく学んで成長してもらう為にも、私自身、先生と協力しながら意識高く頑張りたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

◆テストで始まったので受験の緊張感のようなものを久々に感じました。子供が同じ気持ちで4月に登園開始するということを肝に銘じながら、その日に向けて私も一緒に準備をして、娘の気持ちも高めて入園日が楽しみになるようにしてあげたいなと思いました。

◆お時間を作ってくださりありがとうございましたまだ実際に通えるのは先で、更に2-3歳の園児になるまでは時間がありますが、子供の成長がとても楽しみに感じました至らないところも多々あると思いますが、子供達と一緒に頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。

◆幼児教育の大切さ、小学校以降の教育との違いについてすごく分かりやすかったです。

◆園の方針を丁寧に説明いただきありがとうございました。
保育園と家庭が同じ目線で教育できるよう、良い関係を育んでいきたいと感じました。

◆4月からの具体的な園生活の様子が分かり、心配な気持ちが軽減するとともに、改めて御園の教育方針・先生方の熱意に触れて、新生活が楽しみになりました。
家庭での子供との接し方やこれから入園に向けて準備しなければならない事項をご教示いただき、早く実践したい!と、息子の顔が見たくなりました。

◆今日はありがとうございました。息子にとってはじめての保育生活で多少緊張もしますが今日先生方のお話を聞いてとても入園が待ち遠しくなりました。
制服採寸やこれからの保育生活いろいろと楽しみにしております。

◆本日は、貴重なお話、ありがとうございました。入室してすぐ、”保護者テスト”がの記入と言われ、少し驚きました。内容を見ると、普段の生活の中で考えられないことばかりでした。本日ラバントの説明会にて、子育てについてもう一度考える機会を頂けました。子供が元気で怪我なく1日が無事に終わる事だけで満足していましたが、どんな風な大人になって欲しいか、どんな事が得意で好きなのか、もっともっと自分の子供の事を追求してみたい!と思いました。そんな機会を与えて下さり、ありがとうございます。教職員の皆様の、教育に対する熱意、子供の成長を親のように喜んでくれる温かい心が、真っ直ぐ伝わり、4月から安心して預けられると確信致しました。

◆あや先生とラバントの教育方針に関して充分理解できました。ありがとうございました。

◆園の決まりや今後のスケジュールなど、わかりやすく説明していただきありがとうございました。一つ一つの決まりやお約束ごとにに対し、理由を話していただいたので、安心感がありました。

◆園での子供の生活をイメージすることができました。
園と家庭が両輪となって子供を育てていくと、何度も仰っていましたが、その通りだと思います。4月からの園での生活が、できるだけ子供の負担にならないよう、家庭でできることは本日から取り組んでまいります。お話ありがとうございました。

◆子育ての参考にもなり、周りの大人たちの環境づくりの大切さなど、充実した内容の保護者会だったと思います。


ご家庭教育の延長線上に園生活があります。
一朝一夕では身につかない良い生活習慣を体得していきましょう。


ラバントプレスクールFacebook

2020.01.30更新

保育園の文化を創るのは誰か?いろいろ

保育園の主役は、子どもと先生です。
しかし、保育園の文化を創るのは子・先生そして保護者様です。

to doではなくto beを。
どのように両親として在るべきかを問いながら自己規律を高めて生活していきます。


さて、1月25日(土)のラバント世田谷園の保護者会フィードバックで「ラバントの保護者としての自覚」はどんなことがあげられますか?という項目がありました。

◆人としての魅力当たり前のことをきちんとできる。人間継続し続けることができる人間。

◆何歳だからダメ、と考えず、子供と一緒に歩み、一緒にチャレンジする。

◆子供の成長を妨げない、共に成長していく覚悟。

◆「自分のことを自分でできるようになる」ように育てていることですかね。もしラバントに通っていなかったら、何でも手を出してやっていてあげたかもしれません。

◆常に子供のお手本となるよう生活していきます。毎日休まず、楽しくラバントに通えるよう見守っていきます。

◆先生が全力で子どもたちと接してくださっているので、親である私、主人含めて 子どもと全力で向き合わなければと感じています。また、登園降園時には自覚を持って周りに迷惑をかけないようにしています。挨拶と感謝を伝えることは必ず行っています。

◆ラバントに通うことで満足せず、保育園任せにすることなく、家庭教育をしっかり成立させるよう再認識いたしました。

◆自分の中に、子供と向き合うための軸をしっかり持っていること。沢山ある情報に振り回されることなく、判断ができること。

◆護者も保育園を作っているという認識が今までは低かったのですが、今日のお話を聞いてその自覚をきちんと持たなければいけないと感じました。子供は周りのことをよく見ていますし聞いています。学びは人の真似からはじまりますので、日々恥ずかしくない言動を心掛けていきたいと思います。

◆朱先生もおっしゃっていましたが、「園生活の秩序のために、みんなの基本的なお約束を守る事」。登園時間かギリギリになりがちなので、私の見直さなければいけない点でもあります。

◆こどもの見本になる事。子供はラバントで頑張っている!私も社会に戻り働いている姿を子供に感じて欲しい。

◆きちんとした身なり、規律正しい生活スタイル。

◆親として至らなかったこともたくさんあったし、こんな風にやってあげれば良かったなと後悔することもたくさんありましたが、これからもたくさん愛情を注いで私も子供もラバントとともに成長できたらいいなとおもいます。

◆子供との接し方をもっと親としての自覚を持っておこなっていきたいと思います。


ラバント世田谷園

2020.01.28更新

新年度保護者会が開催されました近況

4月入園・新年度を迎えるのあたり運営のお約束や教育方針など代表、職員からお話がありました。

保護者様の感想については、Facebookに投稿しましたので是非ご覧ください。

◆入園をご希望の方は、事前にご連絡をお願い致します。
MAIL:info@lovant.net


ラバントプレスクールFacebook

2020.01.27更新

活動の出来不出来ではなく、そのプロセスを歩むいろいろ

ラバントは、総合的に人間の発達を助長する園として就学前教育に取り組んでいます。
早教育とは違い適期に適した教育です。

活動全ては「あそび」です。
漢字や俳句を読む授業もありますが、覚えることが目的ではなく仲間と集団で取り組むことに意義があり、社会の一員だということを園生活で学んでいます。

遊園地のような快楽ではなく、秩序ある一定のルールの中で過ごす園生活の中から時には我慢をしたり自分をコントロールしながら成長していきます。
その歩み、プロセスを職員と保護者が共有することができるのが素晴らしい時間です。


一人ではなく、子どもを皆んなで育てよう
子どもではなく、一人の人として育てよう
そして、大きな心を育てよう

◆入園をご希望の方は事前にご連絡ください。
info@lovant.net


ラバントプレスクールFacebook

2020.01.22更新