東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

素直さの正体|0歳〜6歳の教育園《ラバント世田谷園》2020年4月八雲自由が丘園開園

お知らせ・イベント

素直さの正体いろいろ

さる先輩に「伸びる人と伸びない人の違いは何か」と問うたことがある。先輩は、まるで私の問いを長く待っていたかのように言下に答えた。「それは素直さだよ」「素直な人は必ず伸びる。素直でない者は伸びない」と。
 あれから三十年余を経て、いよいよこの言葉の重さを実感している。素直な人は順調に人間として成長し、年とともに相応の地位を得て活躍の舞台を広げている。素直さを欠くものは、結局世間に認められぬまま終わっていることが多い。むろんそれのみではないが、一般的には「素直さ」こそが「伸びの要件」と断言できる。

 では、その素直さ、とはどういうことであろうか。それは、相手や他者の言動を「受け入れる」「受容する」ということだ。素直でない者は、受容を拒み、疑い、時には反発して抗い、時には敵対する。
忠告や忠言は、時に耳に逆らい、人を不快にするが、素直な者はそういう自我を抑えて、まずは「受容」する。換言すれば「自分の現状を否定し、破壊し、相手の言を受け入れる」のである。反対に、現状に固守する者は、その場に留まる。その場に留まる者は「伸びない」ままで終わる。
 他者の忠言、忠告、叱正、注意を、ひとまずは有り難く「受容する」ことが「素直さ」の正体であり、伸びる鍵だ。


ラバントHP

2020.05.14更新