東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

人工知能の発達は人を幸せにできるのか|0歳〜6歳の教育園《ラバント世田谷園》2020年4月八雲自由が丘園開園

お知らせ・イベント

人工知能の発達は人を幸せにできるのかいろいろ

皆さんは、映画を見ますか?

子育て中のお父様お母様は、なかなか映画を鑑賞される時間を確保することは難しいかもしれませんね。

上映されている「AI崩壊」から学ぶ人工知能の発達と人間の幸せについてお届けします。

「AI崩壊」の内容は、今から10年後の日本。
AIが、全国民の個人情報、健康を完全に管理し、 人々の生活に欠かせないインフラとなっていた。
そんな“人に寄り添う”はずのAIが突如暴走、人間の生きる価値を選別し、殺戮を始める。
日本中がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストに断定されたのは、 開発者の桐生だった。
警察は日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡者となった桐生を追い詰める。
AIはなぜ暴走したのか。決死の逃亡劇は衝撃の結末へと進んでいく内容です。


AIが発達し、世の中が便利になるのは誰しもが予測していることでしょう。

子どもたちがAI時代に生き抜くには何が必要なのか、真剣に考える必要がある時代となりました。

さて、この映画は人間ドラマが描かれています。

人に寄り添うAIを開発した主人公。
人の命を救うAI。
そんな目的で開発された「のぞみ」

ある時、のぞみが暴走し日本中に混乱が起こりました。非常にリアルな光景です。
そんな中映画の最後のシーンでの言葉は印象深いフレーズだったので皆さんも考えてみましょう。


人工知能は、人を幸せにしますか?
こんな言葉に置き換えられるかもしれないね。
親は、子どもを幸せにできるか?


皆さんも人工知能の発達と子どもたちの幸せは何かを是非考えてみてくださいね。


ラバント世田谷園

2020.02.12更新

  • この記事をシェア: