東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

親育(おやいく)とは?|東京私立保育園《ラバント世田谷園》2020年4月八雲自由が丘園開園

お知らせ・イベント

親育(おやいく)とは?いろいろ

ラバントは、ご家庭と保育園の両輪が合わさるところに子の成長があると考えております
子どものおかげで「親」になれた喜びを共に分かち合い大人が成長できる園として学びを深めながら園生活を送ります。
代表より連絡帳からコラムが届きます。
保護者会では、幼児教育の知識や進路指導、子育ての向き合い方をお互いに学びあいます。
幼稚園受験、小学校受験は「親の受験」と呼ばれています。
ラバントを私立にしているのは、ご家庭の教育水準を維持するためでもありますが、特に受験園ではありません。
なぜ「親の受験」と呼ばれるかというと、就学前教育は生活教育だからです。
徳育を重んじ、子どもたちの大きな心を共に育ましょう。
子どもだけではなく、大人も大切な生きる根っこ。
この生きる根っこを親育で培います。

〜親育〜
2学期は、運動会を境にして著しい発達を見せます。

1学期で蓄積されたエネルギーを満を持して放出する時季でしょうか、その動力源になっているのが集団への信頼や仲間意識です。

今回の運動会は団結をテーマに同じ方向を向いて力を合わせてきました。



人間は、幼い時から何からに帰属して生きています。子どもたちであればまず親子であり、家族。

そして次に出会う園の集団は子どもたちとって生きる拠り所といってもいいものです。



残念な事ですが、帰属していれば安心・信頼し合っているとは言い切ることはできません。

しかしながら、「この家族でよかった」「このクラスでよかった」と思えるような信頼感をどう育んでいくのかという大事な使命が保育園にはあります。



少し話は変わりますが、あるお子様がお母様にボソっと「ラバントに通って良かったよ」と伝えたそうです。不覚にも涙がこぼれそうになったとお母様はお気持ちを教えて下さいました。

ラバントで過ごす時間に芽生えた社会への喜びを感じているのだと嬉しく思いました。



最後に、音読教科書(保護者用P79)(ラバント在園児は、入園児に子育ての教科書を配布しています)からお届けします。


良き師、良き友、良き書物。

人が成長していく為には、三つの「要」が必要である。

自分を導いてくださる「良き師」に出会い、努めてその教えを請うこと。

共に学び共に成長できる「良き友」を選び、磨き合い続けること。

心を養ってくれる「良き書物」を手に取り、常に自らを高めてくれること。

この三つに出会うことが人生を充実させる肝要事である。



年末年始ご家族で過ごす時間が増えます。音読を見直しお子様の観察に活かしましょう。

1月の保護者会の詳細は後日配信致しますが、皆さん再度読み直して出席をして下さい。



◆ラバント世田谷園に入園をご希望の方へ
残りわずかのお預かり枠となります。
1月には新年度保護者会を開催する為、12月いっぱいで一度締め切らせていただきます。
4月入園をご希望の方は、お早めにお申し込み下さい。


ラバントプレスクールFacebook

2019.11.30更新