|東京都版

認可外保育所ガイド

活動紹介〜音読〜毎日の習慣が良い人を作ります。|平成30年度3年保育・4年保育募集開始 [LovantPRESCHOOL]

お知らせ・イベント

活動紹介〜音読〜毎日の習慣が良い人を作ります。

当園では、毎日詩や俳句、様々な本を音読します。
子どもに良い言葉をかけ、素晴らしい言葉を心に刻むためです。
美しい言葉に心磨かれ、人柄に繋がります。

大人も「言葉」にだすことで、行動となり心が動かされることがあると思いますが
子どもは大人以上に自分の発した言葉に嘘をついたような気になるので心がとても痛みます。

そんな純粋で綺麗な心に
良い言葉や規律、心の在り方を音読を通して育みます。

当園では、正しい音読によって美しい道徳をみにつけます。
子どもたちと音読をしている言葉をご紹介します。


美しい言葉は、美しい心を育てます。

優しい心で正しい言葉を送りましょう。

「挨拶」挨拶は、互いの心の扉を開きます

挨拶は、仲良しになる第一歩
挨拶は、人より先に自分から
挨拶は、目を見て、元気ににこやかに

朝は元気におはようございます
昼は明るく「こんにちは」
夜は静かに「こんばんは」
別れる時には「さようなら」
眠る時には「おやすみなさい」
お風呂に入る時には「お先に頂きます。」出たら「お先にありがとうございました」

食事の挨拶、五つの感謝
会釈をしながら「いただきます」
笑顔で「おかわりお願いします」
心を込めて「ご馳走様でした」
一言にっこり「美味しかったです」
「美味しいお食事、ありがとうございました」

出かける時に「行ってまいります」
戻った時には「只今、帰りました」
訪問したら「ご免ください」
帰る時には「お邪魔しました。さようなら。」
お願いは、「すみませんが」と言ってから
叱られた時には、まずごめんなさい
自分が悪かった時には、素直に認めて謝ります「はい。これからは気を付けます」「はい。よくわかりました。」


子どもたちの躾に置いて「挨拶」はとても大切です。
どこでも
誰でも
同じ挨拶ができる子どもに育つことを願っています。


ラバントのブログはこちら

2017.08.10更新