東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

右脳教育の効果とは?|東京私立保育園《ラバントプレスクール》

お知らせ・イベント

右脳教育の効果とは?いろいろ

右脳教育は、ひらめきや想像力・直感力などを鍛えることができます。
では、この右脳教育とはなんでしょうか。

人間には右脳と左脳があり、それぞれの働きに特徴があってお互い助け合い
働いています。

アスリートや有名な学者は「感性の脳」と呼ばれる右脳を優位に使い、ひらめきによって能力を発揮する右脳型が多いのをご存知でしょうか。

子どもの持つ才能を最大限に引き出す為には適切な時期に右脳教育を行う必要があります。

子どもは右脳が優位に働く状態で生まれてきます。
0歳~3歳までは右脳、3歳以降は左脳が優位に働きます。

この時期は周りから、様々な情報を取り入れ人格や情緒に大きく影響します。
右脳が活発に働く時期に、右脳教育を受けることで感性が磨かれ、情報の吸収力が上がり子どもの成長力も格段に上がります。

成長力の違いから、他の子との大きな差が生まれます。
子どもによって「芸術的」「音楽的」「語学」才能の開花
『記憶力』『集中力』『直感力』の向上などの効果が挙げられます。

言語を覚え左脳が活発になる時期になると、内側に潜んでいる右脳の優れた機能が活かされなくなります。
左脳が優位に働く時期までに右脳の働きを育成し、いつでも右脳を活用できる訓練を行うことが大切になります。

3歳までに大人の80%まで脳が成長すると言われる程、幼児期は脳の成長で最も大切な時期です。
右脳が優位に働く時期に右脳教育を行い、直感で考え、瞬時に記憶し、物事を素早く処理できる能力を身につけましょう。

ラバントではフラッシュカードや百玉そろばん、音読など右脳教育に良いと推奨されているカリキュラムを授業に取り入れています。
また、運動ではリトミックやクマ歩きを積極的に行っています。



TEL : ‭0353557074‬
保育中により繋がらない場合はこちら
TEL : ‭08079551265‬
MAIL : ‭info@lovant.net‬


YouTubeラバントチャンネル

2019.07.18更新