東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方|東京私立保育園《ラバントプレスクール》

お知らせ・イベント

赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方いろいろ

1歳児を過ぎると、徐々に言葉を覚えて自分から言葉を発するようになりますが、話すことができない赤ちゃんとはどのようなコミュニケーションをとればいいのでしょうか?
 

【クーイングや喃語に答えてあげましょう】
クーイングとは、生後2か月から3か月頃の赤ちゃんが機嫌の良い時に、発する「あー」「うー」などの声のことをさします。

生後4か月頃には、クーイングを繋げたような「あーあー」「うーうー」といった喃語。
生後5か月頃には、「ぶー」「だー」「ば」など、子音を含む喃語を発します。

それらの赤ちゃんの言葉に答えてあげてください。
答えてあげることで、赤ちゃんはお母様とのコミュニケーションを楽しみ、さらに言葉を発するようになります。
 

【ミルクの時間もコミュニケーションをとりましょう】
ミルクをあげている時間も、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間になります。
ちゃんと赤ちゃんの目を見て、飲ませてあげることが大事です。
赤ちゃんは、お母様と目を合わせながらミルクを飲むことで、安心感を持つことができます。
 

【非言語を心がけましょう】
親が子どもに何かを伝える方法には、「言語」と「非言語」があります。

非言語的な方法で伝わるものの方が、言語的な方法で伝えるよりも、相手の心にいつまでも残るとされています。

非言語の中でも代表的なものとして「顔の表情」があげられます。
相手の表情によって、伝わり方が大きく変わるからこそ、非言語はより意識しなくてはいけません。
言葉が伝わらないからこそ、赤ちゃんとコミュニケーションを取る時は、笑顔を心がけましょう。

 
このように、赤ちゃんの頃からコミュニケーションを取る方法はたくさんあります。
お母様の愛情が伝わるコミュニケーションで、赤ちゃんとの愛着関係を上手に築いていきましょう。


ラバントでは、生後4ヶ月のお子様からお預かりしています。
園では、お母様にかわって保育士が上記の対応を心がけています。
レポートでは、これらのような知識も配信して親子の成長をサポートするのがラバントプレスクールです。


YouTubeラバントチャンネル

2019.07.15更新