東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

0歳〜6歳の教育園《ラバント世田谷園》2020年4月八雲自由が丘園開園お知らせ

お知らせ・イベント

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 保育園で友情を学ぶいろいろ

    子どもたちは、保育園で友情を学びます



    本当の友情とはどのようなものか、両親から子どもたちに語ることはできるでしょうか。

    我々は、毎日様々な関係性によって成り立っています。



    先日職員にこんな話をしたのですが、人の幸福度とは地位や名誉、年収や学歴以上に「良い人間関係を築けるか」によって大きく変わるという話をしました。

    子どもたちがこれから世の中で様々な経験を積み、幸せに生きて欲しいと願う親は多いのではないでしょうか。

    そんな時に、良い人間関係を築くことができる人間であれば必ず本人から「僕は今とても幸せだ」と親に語る日が来てくれることでしょう。

    いじめ、ひきこもり、不登校、自殺。

    今では、小学生や中学生クラスの3分の1は悩んでいると言われる内容です。

    共通してあげられるのが「人間関係」



    一言で友といっても学生時代の友人や職場の同期だけではありません。

    年齢や性別、国籍を超えてお互いに心の深い部分で通じ合う人がいれば、まさに友人です。



    今日は、カリール・ジブランの言葉を親育として届けます。



    友とはあなたが求めているものへの答え。

    友とは畑であり、あなたはそこに愛をこめて種をまき、収穫を感謝します。

    友とは食卓であり、暖炉でもあります。

    友のもとで飢えを癒し、心の平和を得るのです。



    友が考えを語る時、「それは違う」と言うことを恐れてはいけません。

    「その通り」もためらわないように。

    共が無口な時には、その心の声に耳を傾けてご覧なさい。

    そこに友情があれば、言葉を介することなく、あらゆる思い、あらゆる望み、あらゆる期待が生まれ、分かち合われるでしょう。

    派手な喝采など必要としないよろこびと共に。

    友と離ればなれになることがあっても、悲嘆に暮れることはありません。

    友の一番愛しているところは、その人がいない時にこそよくわかるものなのですから。

    ちょうど登山をしている最中より、平野から眺めた時こそ山の姿がよくわかるように。

    (つづく)



    友の喜びを我がことのように喜び、一方、考えが間違っていると思えばためらわずに忠告してあげることもできます。

    派手さはなく、静かな喜びで繋がっていくものだという詩です。

    「ママ友」にも置き換えることができます。

    損得勘定に基づく上辺だけのお付き合い、ランチをしながら息子娘の学力を自慢しあうなど、子の周りの人の噂話や愚痴をこぼす集団。子の親だという自覚が芽生えればこのようなことはないはずです。

    子どもに良いお友だちを増やしたい、と願うのであればまずは母親の人間関係から整理し子に与えたい友人関係を身近な親が示すことも家庭教育の一つではないでしょうか。

    互いに高め合う子どもたちを鏡にして。


    ラバント世田谷園

    2020.02.25更新

    健やかな食生活のためにいろいろ

    「食事・運動・休養」のバランスが大切です。

    健康を維持するためには、バランスのとれた食生活に加え、食事に見合った適度な運動や十分な睡眠も大切です。
    どんなに栄養の優れた食生活を送っていても、体の基礎体力を維持するための運動や休養を取らなければ、体調を崩す原因になります。

    また、栄養の偏った食事が続けば、運動のための体力や集中力が維持できません。
    「食事」「運動」「休養」の3つの要素はお互いが影響し合っています。3つのバランスを上手く保つために、3食きちんと食べる、食べた分だけ動く、早寝早起きなど規則ただしい生活リズムを身につける必要あります。
    そのためにも、特に子どもの「こ食」や運動不足など、問題点が多い生活は改善していきたいものです。

    休日は、親子で散歩や追いかけっこなど外遊びを楽しんで体を動かしましょう。
    大人の運動不足解消にもつながります。
    そして、食卓では遊んだことを話題にして食事の時間を楽しいものにしましょう。


    ラバント世田谷園

    2020.02.21更新

    社会の変化と食卓の変化いろいろ

    社会情勢の変化が食卓を変える

    日本の先進国の仲間入りをし、経済成長を遂げるのと並行して、家族のあり方も変わってきました。
    親子3世代が同じ家に住む大家族から、夫婦とその子どもだけの核家族世帯が増え、1980年には全世帯の4割を占めるようになりました。

    さらに女性の活躍の場も広がり、1997年には夫婦共働きの世帯が、専業主婦の世帯数を上回りました。

    近年では、両親が共働き、子どもは塾通いなど慌ただしい生活を送る家庭も多く、家族揃っての食卓につく機会が少なくなってきています。

    親が不在の食卓では、子どもの栄養バランスも偏り、親子コミュニケーション不足も問題となっています。
    また、日本は超高齢社会に突入し、夫婦のみの世帯や、高齢者の一人暮らしを含む単独世帯がさらに増加して行くと予測されています。

    それに伴い、高齢者の孤食、低栄養の問題なども浮上し始めています。

    皆さんの食卓にも変化はありますか?


    ラバント世田谷園

    2020.02.18更新

    「6つのこ食」をご存知ですか?いろいろ

    お子様の食生活は整っていますか?
    体・心をつくる食事は生活教育の大きな部分を占めます。


    〜子どもの食の乱れ〜
    を6つの項目に分けました。セフルチェックをしてみて下さいね。

    「こ食」
    一人きりで食事をする孤食
    決まったものしか食べない固食など、子どもの心身に影響を及ぼす食べ方が増えています。


    「朝食欠食」
    朝起きられない、食べられない、時間がないなどの理由から朝食抜きになること。
    夜型生活など生活リズムの乱れが原因の一つです。


    子どもの体に起こる異変
    「肥満」
    肥満の原因である食生活や運動不足の習慣を今のうちに改善しないと、将来、生活習慣病になるリスクが高まります

    「味覚オンチ」
    濃い味や油っぽいものばかりを好み、だしのうま味などデリケートな味を好まない子どもが増えています。

    「保健室登校」
    登校しても不調や眠気のため保健室や直行すること。
    不調の原因に夜更かしや朝食欠食など生活習慣の乱れが考えられます。

    「キレやすい」
    少しことでムカついたり、キレる子どもが増えています。偏った食事が引き起こす低血糖症や朝食欠食が原因の一つにあげられています。


    保育園で食事を摂取し、正しい食習慣を身につけませんか?


    ラバント世田谷園

    2020.02.17更新

    必ず朝食をとり、登園しましょういろいろ

    子どもに影響を与える親の食習慣

    子どもの健康管理でお願いしていることの一つに「朝食を必ず食べてから登園する」があります。
    朝食は、一日の意欲に繋がりますから必ず食べて登園しましょう。

    朝食は、体温を上げ、体や脳へエネルギーを補給し、1日を元気にスタートするための大切な食事です。
    朝食を食べないと、体調不良を起こしたり、集中力がなくなります。

    また、親が朝食を欠食していると、子どもの朝食欠食率も高くなっている調査結果もあります。
    朝食を食べなくても、大人であれば、途中で何か口にすることができますが、園生活を送っている子どもたちは、いくらお腹が減ってもそのようなことはできません。

    朝から体調不良を訴えたり、授業に集中できない、イライラしたり無気力な子どもが増えているのも、このような食生活や生活リズムの乱れが影響していると言われています。

    朝食の欠食、栄養バランスの偏った食事、夜遅い時間の食事など、親のリズムで子どもと過ごしていませんか?

    子どもの食生活は、大人の考えや行動で決まってしまいます。
    忙しい生活の中では、親も子も「何をどう食べるのか」ではなく「何でお腹を満たすか」が優先になりがちですが、間違った食生活を続けていると子どもの健康を大きく損なうことにおなりかねないので注意しましょう。


    ラバント世田谷園

    2020.02.16更新

    保育園時期は「人間力」を身につける時期いろいろ

    お子様が将来豊かな人生を歩む為に両親として何を子どもに残すことできるかを考えることでしょう。

    我が子を社会の子として教育していくとするならば
    家庭から初めて関わる社会を保育園とさします。


    保育園は社会学習です。
    家族を超えた、他者と関わることにより社会の中で愛や信頼、勇気、挑戦を体験していきます。

    そして、数値化できる学力ではなく数値化できない学力を身につけるのが就学前教育です。

    将来豊かな人生を歩む為に必要なのは、人間力ではないでしょうか。
    なぜなら、学力や社会力は人間力という基盤の上に成り立つからです。


    適切な時期に適切な教育をすることが子どもに本来必要な価値観を授ける一つになると考えています。


    便利な世の中。本当に子どもに伝えたいことは何か。
    改めて両親が子育てについて深く考える素晴らしい時間になることをラバントは願っています。


    ラバント世田谷園

    2020.02.15更新

    園の違いは「目的」の違いいろいろ

    認可保育園と認可外保育園の大きな違いは何かご存知でしょうか?


    金額・認可がおりているかいないか以上に「目的」の違いが大きいのではないでしょうか?


    「預ける」か「育てる」の違いとも言い換えられるかもしれません。

    ラバントは、働く女性が増える日本の状況と少子化が進む中で日本に未来を担う人材を残すために就学前教育を重要視しています。

    脳の発達や臨界期をみると脳への良い刺激をあたえること他にないのですが、早教育ではありません。

    適切な時期に適切な教育
    子育て(心が開いている状態)を通じて成熟していく親子に寄り添い、同じ方向を向いて歩みませんか?


    ラバント世田谷園

    2020.02.14更新

    youtube保育園開園しました※チャンネル登録よろしくお願いします近況

    ラバント在園児保護者様に向けて始めた「親育」ですが、一般公開の依頼が多数ありましたのでyoutube保育園を開園しました。

    視聴者の皆さんに有益な情報配信を心がけて行ってまいります。

    是非、チャンネル登録をよろしくお願いします。


    youtube保育園ラバントあや先生

    2020.02.12更新

    人工知能の発達は人を幸せにできるのかいろいろ

    皆さんは、映画を見ますか?

    子育て中のお父様お母様は、なかなか映画を鑑賞される時間を確保することは難しいかもしれませんね。

    上映されている「AI崩壊」から学ぶ人工知能の発達と人間の幸せについてお届けします。

    「AI崩壊」の内容は、今から10年後の日本。
    AIが、全国民の個人情報、健康を完全に管理し、 人々の生活に欠かせないインフラとなっていた。
    そんな“人に寄り添う”はずのAIが突如暴走、人間の生きる価値を選別し、殺戮を始める。
    日本中がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストに断定されたのは、 開発者の桐生だった。
    警察は日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡者となった桐生を追い詰める。
    AIはなぜ暴走したのか。決死の逃亡劇は衝撃の結末へと進んでいく内容です。


    AIが発達し、世の中が便利になるのは誰しもが予測していることでしょう。

    子どもたちがAI時代に生き抜くには何が必要なのか、真剣に考える必要がある時代となりました。

    さて、この映画は人間ドラマが描かれています。

    人に寄り添うAIを開発した主人公。
    人の命を救うAI。
    そんな目的で開発された「のぞみ」

    ある時、のぞみが暴走し日本中に混乱が起こりました。非常にリアルな光景です。
    そんな中映画の最後のシーンでの言葉は印象深いフレーズだったので皆さんも考えてみましょう。


    人工知能は、人を幸せにしますか?
    こんな言葉に置き換えられるかもしれないね。
    親は、子どもを幸せにできるか?


    皆さんも人工知能の発達と子どもたちの幸せは何かを是非考えてみてくださいね。


    ラバント世田谷園

    2020.02.12更新

    グランドピアノに触れる効果いろいろ

    ラバントの保育活動は全てが脳への適度な良い刺激を与え脳を育てています。

    脳の神経回路のシナプスは、1歳で人生の最大値になる訳ですから就学前という6歳の間に脳へ刺激を与えることは子どもの成長を促すことも理にかなっているでしょう。

    そこで、ラバント世田谷園には電子ピアノではなく「グランドピアノ」を設置して脳への良質な刺激をあたえる環境を設定しています。

    ピアノと電子ピアノの最大の相違点は、発音の原理にあります。

    ピアノは鍵盤を指で押すことにより、複雑なメカニズムを介してハンマーを駆動し、ハンマーが弦を叩くことによって弦の振動により音を発生させます。
    そのとき、ハンマーで直接叩かれていない弦も共鳴現象で自然に振動し、それが複雑な効果をもたらします。

    弾き方によって、音色、音質に深みが増し、この変化が弾き手の表現力を豊かにします。


    音の原理を学ぶことにもなるわけです。また、弾き手によって音色の違い、表現方法の幅が広いことも学ぶことができます。

    良い耳
    良い感性
    を育てたい。

    そんな想いのあるお母様は是非見学にお越しください。


    ラバントプレスクールFacebook

    2020.02.10更新

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8