東京都世田谷区版

認可外保育所ガイド

東京私立保育園《ラバントプレスクール》お知らせ

お知らせ・イベント

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 0歳から保育園に入園させるメリットとは?いろいろ

    0歳から保育園に入園させることに不安を感じている方は多いと思います。

    実は、私も皆さんと同じ1歳の子どもを育てる一児の母なのです。
    なので、保育園に入れようか迷うお母様、お父様のお気持ちがよく分かります。

    私の息子は、生後6か月から保育園生活を送っています。
    始めは、幼いうちから保育園に入園させることにとても抵抗を感じていました。
    しかし、入園してみると想像以上に良いことがたくさんありました。
    その幾つかのことを今日は、お話したいと思います。


    ①生活リズムが整う
    保育園に通い始めると、朝決まった時間に家を出て、保育園でも決まった時間軸の中で生活を送ります。
    0歳児の赤ちゃんは、授乳や昼寝の時間など、まだまだ定まっていない子が多いですが、保育園に通うことで自然と生活リズムが整ってきます。

    こんな体験はないですか?
    お母さんと2人で過ごしていると、一緒にいる時間はたっぷりあり幸せを強く感じますね。私もそうでした。
    しかし、お母さんの生活の時間軸で子どもも行動する為、生活リズムを整えるということがさほど簡単ではないことを実感すると思います。

    生活リズムが整うと授乳のタイミングや睡眠時間などが整うと子どもの成長にはとても良いことです。


    ②家でできない体験をさせられる
    0歳児の赤ちゃんは、お友だちと遊ぶことはまだまだ難しい時期です。
    しかし、保育園では、同じ年齢の子だけでなく、年齢が上の子もいれば、下の子もいて、0歳児の赤ちゃんなりに五感をフル活用してたくさんの刺激を受けています。

    赤ちゃんによっては、言葉を覚えるのが早かったり、活発に活動することができたりと、成長に良い影響を与えてくれることもあるんですよ。

    家庭ではなかなかできない経験のひとつといえるでしょう。

    ③集団生活への慣れが早い
    1歳や2歳の子どもと比べ、まだそれほど自我が強くない0歳児は、保育園生活に慣れることが早いというケースが多いです。
    ママへの執着や自己主張がそれほど強くないため、幼児に比べてスムーズに保育園生活に溶け込むことができるでしょう。


    ④お母さんが自分の時間を持つことができる
    0歳児の赤ちゃんがいると、授乳をしたり、おむつを替えたり、ママの自分の時間を確保するのが難しいですね。
    保育園に預けることで、仕事に向かう前や、職場についてからのちょっとした時間など、ママが一息つける時間を持つことができます。
    そうすることで、我が子に優しく接することができたり、息詰まることなく心にゆとりを持ちながら子育てができます。

    まだ保育園は、早いのではないかなと感じているお母様、お父様。

    是非、0歳からの入園でも前向きにご検討ください。

    ラバントには、実際に子どもを育てる母が職員として勤務しています。
    お母様の気持ちに寄り添い、育児や保育について全力でサポート致します。


    YouTubeラバントチャンネル

    2019.07.16更新

    赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方いろいろ

    1歳児を過ぎると、徐々に言葉を覚えて自分から言葉を発するようになりますが、話すことができない赤ちゃんとはどのようなコミュニケーションをとればいいのでしょうか?
     

    【クーイングや喃語に答えてあげましょう】
    クーイングとは、生後2か月から3か月頃の赤ちゃんが機嫌の良い時に、発する「あー」「うー」などの声のことをさします。

    生後4か月頃には、クーイングを繋げたような「あーあー」「うーうー」といった喃語。
    生後5か月頃には、「ぶー」「だー」「ば」など、子音を含む喃語を発します。

    それらの赤ちゃんの言葉に答えてあげてください。
    答えてあげることで、赤ちゃんはお母様とのコミュニケーションを楽しみ、さらに言葉を発するようになります。
     

    【ミルクの時間もコミュニケーションをとりましょう】
    ミルクをあげている時間も、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間になります。
    ちゃんと赤ちゃんの目を見て、飲ませてあげることが大事です。
    赤ちゃんは、お母様と目を合わせながらミルクを飲むことで、安心感を持つことができます。
     

    【非言語を心がけましょう】
    親が子どもに何かを伝える方法には、「言語」と「非言語」があります。

    非言語的な方法で伝わるものの方が、言語的な方法で伝えるよりも、相手の心にいつまでも残るとされています。

    非言語の中でも代表的なものとして「顔の表情」があげられます。
    相手の表情によって、伝わり方が大きく変わるからこそ、非言語はより意識しなくてはいけません。
    言葉が伝わらないからこそ、赤ちゃんとコミュニケーションを取る時は、笑顔を心がけましょう。

     
    このように、赤ちゃんの頃からコミュニケーションを取る方法はたくさんあります。
    お母様の愛情が伝わるコミュニケーションで、赤ちゃんとの愛着関係を上手に築いていきましょう。


    ラバントでは、生後4ヶ月のお子様からお預かりしています。
    園では、お母様にかわって保育士が上記の対応を心がけています。
    レポートでは、これらのような知識も配信して親子の成長をサポートするのがラバントプレスクールです。


    YouTubeラバントチャンネル

    2019.07.15更新

    お手伝いがもたらす効果とは?いろいろ

    お手伝いは子どもの能力を伸ばすうえで、大きな役割があります。

    勉強以外のことを体験させているほど、その子どもの生活スキルが高い傾向が研究結果で発表されています。

    お手伝いをたくさんしている子ほど、次の2つのスキルが高いことが証明されました。
    ①コミュニケーションスキル
    ②課題解決スキル


    お手伝いをする上でどんな良いことがあるのでしょうか?

    ⑴たくさんのコミュニケーションがとれる
    一緒にものごとを進めていく中で、「頑張っているね」や「とっても上手」など、その場で褒めることや感謝することができます。

    コミュニケーションを取ることで、信頼関係を築いていくことにも繋がります。
    ⑵自立に繋がる
    お手伝いをしていく中で、自身の身の回りのことができるようになっていきます。
    お手伝いを熟していき、できることが増えると、大きな自信となります。

    ⑶自分で考える力が身に着く
    どうしたら思うようにできるのか、どうしたら早く熟せるかなど、様々なことを考えて行動できるようになります。

    次第にこちらからお願いしなくても、自分から行動できるようにもなるでしょう。

    学年によってもお手伝いの内容は変わってきます。

    当園では、以下のことを行っています。

    ≪2~3歳≫
    ・全体の昼食準備(床に新聞を敷く・タオルを配る)
    ・午睡準備(布団敷き)


    ・掃除(床の水拭き)

    ≪0~1歳≫
    ・タオルたたみ(口拭きタオルや午睡用のバスタオル)
    ・掃除(マットはがし) など

    始めは、先生からの呼びかけで動いていた子どもたちですが、今では自分かできることを見つけて行動しています。

    子どもたちが積極的に尚且つ楽しんでお手伝いをする姿がたくさんみられる保育園です。


    <入園説明会の日程>
    10月20日(土)10:00〜11:00
    残り1席
    11月18日(日)10:00〜11:00
    残り2席
    12月15日(土)10:00〜11:00
    残り2席

    入園説明会を開催いたします。
    入園をご検討の方は、説明会に必ず参加していただきますようお願い致します。
    お席の確保は、先着順とさせていただきます。

    申し込み方法
    保護者様氏名
    お子様氏名
    ご年齢
    入園希望日
    お問い合わせフォームより4項目を必ず入力してお申し込みください。 

    TEL : 0353557074
    保育中により繋がらない場合はこちら
    TEL : 08079551265
    MAIL : info@lovant.net

    9月29日(日)10:00〜11:00
    公開保育を開催します。

    説明会、保育の様子を見学する機会は設けておりませんが保護者様の授業の様子が見たいという要望にお答えをし9月29日(日)に特別に開催することにいたしました。

    参観をご希望の方はinfo@lovant.netへお申し込みください。
    ※各家庭1名様のみの参観が可能です。
    ※授業の妨げになりますのでお子様の同伴はお断りしております。

    この機会に是非ラバントの授業をご覧ください。

    2019.07.15更新

    「自由遊び」の大切さいろいろ

    自由遊びとは子ども達が自分の好きな遊びを選んで、好きなように遊ぶ時間のことです。
    室内だとごっこ遊び、絵画、工作、絵本、ブロックや積み木など。
    屋外だと固定遊具、砂場、ボール、縄跳びなどがあります。

    好きなものを選んで遊ぶということは「楽しむ」が前提にありますがそれぞれの遊びからの学びや心身の成長も得られるということを忘れてはいけません。
    決して自由に遊ばせることが自由遊びの意味や目的ではないです。

    自由遊びは、子どもの自己表現や自制心社会性を学ぶ手段の一つになります。

    自由遊びで好きな遊びを見つけ、遊ぶことは既に学びを得ています。
    家庭以外の場所で遊びたい物を見つけ選択することは自己表現の一部です。

    気になるおもちゃがあるけれど取りに行けない、使いたいと行動に移すのが苦手な子もいます。
    そのような時には「○○ちゃんの言葉で聞きたいな。先生に教えてくれる?」など言葉がけをし、その子本人が自分の言葉で気持ちを伝えられるよう促しています。
    そのような言葉がけを繰り返し、最初は伝えられなくてもその子が自ら好きな玩具を手にして遊べたらそれだけで自己表現の第一歩になります。

    ラバントでは朝の会、帰りの会が始まるまでの時間を自由遊びにしています。
    授業、制作、外遊びの時間全て大切ですが様々なことに興味を持つこの時期には自由遊びはかけがえのない時間だと考えます。
    出来る限り自由遊びの時間は確保してこれからも子ども達が楽しめるカリキュラムを保育に取り入れていきます。


    YouTubeラバントチャンネル

    2019.07.14更新

    保育園も教育をする時代いろいろ

    今では、保育園も教育する時代。
    これは主観ではなく国の指針も改定されました。
    保育園=保育、福祉
    幼稚園=教育
    のイメージが大きいかもしれませんが、3歳以降の教育内容は同じ内容・水準を求められています。
    つまり、就学前教育の重要性も国もが注目しているということですね。

    2018年4月に改定された「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「子ども園教育・保育要領」の3つが共通する指針
    あくまで、方向性であり、育つべき能力や到達点ではないのですが次の10項目があげられています。

    【幼児期の終わりまでに育って欲しい10の姿】
    ⑴健康な心と体
    ⑵自立心
    ⑶協同性
    ⑷道徳性・規範意識の芽生え
    ⑸社会生活との関わり
    ⑹思考力の芽生え
    ⑺自然との関わり・生命尊重
    ⑻数量や図形、標識や文字などへん関心・感覚
    ⑼言葉による伝え合い
    ⑽豊かな感性と表現

    さて、昨今の保育園は様々な形態があり悩まれる方も多いと思いますがラバントの子どもたち、職員の様子をご覧いただければご理解いただける内容になっています。
    お気軽にご連絡ください。


    ラバントプレスクール

    2019.07.14更新

    ラバントチャンネルをご覧ください!【YouTube】いろいろ

    ラバントは保育業界の変革を目指しさらなる発信媒体を稼働させました!
    ユーチューブで「ラバントチャンネル」をオープンさせました。
    ◆子育ての豆知識
    ◆幼児教育の知識
    ◆保育園の様子
    ◆保育士の保育観
    ◆保育業界について
    ◆ラバントについて
    ◆女性の働き方について

    など、女性支援を目的に様々な情報を発信していきます。
    動画で保育の様子を見ることができるので、是非ご覧くださいね!


    TEL : 0353557074
    保育中により繋がらない場合はこちら
    TEL : 08079551265
    MAIL : info@lovant.net


    YouTubeラバントチャンネル

    2019.07.13更新

    人は人でしか磨くことができない【科学的根拠から基づく】いろいろ

    会議の最後に、教務リーダーより職員に伝えられた話です。



    『確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。

    たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。

    たとい、耳が、「私は耳ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。

    もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。

    しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。

    もし、全部がただ一つの器官であったら、からだはいったいどこにあるのでしょう。

    しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。

    そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うこともできません。

    それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。

    また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに喜びます。

    こうして、私たちの見ばえのしない器官は、ことさらに良いかっこうになりますが、かっこうの良い器官には、その必要がありません。

    しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。

    それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。

    もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。』



    これは、私の人生のバイブルから抜粋した文章です。

    意味は、体には様々な器官がありますが、その一つ一つがなくてはならない器官であり、替わりなどない器官であるということです。



    チームもまさに「体」だなと感じました。

    これからのラバントの成長を見据えた時に、社長、私、有花先生、他先生のそれぞれの「器官」が尊ばれること。



    全員が社長でも機能しない、全員がリーダーでも機能しない、全員が補佐でも機能しない。



    役割を生かして、それぞれが尊ばれて前に進むことが「体」として機能することに大事だなと感じた週でした。



    山下愛都





    子も大人も育つ「縁」が確かに見られた時間です。

    話す声色は穏やかなのに、どこか芯の有る話し方。
    自分の言霊を仲間に伝えられる姿、子にも仲間にも良い影響を与える努力を惜しまない先生です。

    ラバントの保育が確立する理由に働く先生の志の高さがあらわれています。

    皆さんもご存知の通り、生きる力「非認知能力」は側にいる人間からしか学ぶことができないことが様々な研究結果からでています。

    子は親の鏡とさしますが、子は職員の鏡ともさせるでしょう。
    保育園は人生の大切なことを学ぶ空間であり土台なのです。
    ラバントプレスクール


    ラバントプレスクールFacebook

    2019.07.13更新

    【入園説明会】ご予約はお早めに!いろいろ

    入園説明会を実施します。

    日時:9月21日(土) 10:00~11:00
    場所:ラバントプレスクール

    ◆予約・お問い合わせはこちらから
    03-5355-7074
    info@lovant.net

    ≪5名限定≫の説明会になりますので、ご予約はお早めに!


    YouTubeラバントチャンネル

    2019.07.12更新

    子ども達が「自立」している保育園いろいろ

    先日、外部の方がラバントの保育に半日密着する機会がありました。
    その方からのラバントの感想を紹介します。

    『授業では背筋を伸ばし、姿勢を整えてお返事をしている姿が印象的でした。
    お返事だけでなく、ひらがなや漢字はもちろん、ことわざや反対語を元気いっぱいに答えていく子ども達。
    私の想像以上にできることの幅が広い子ども達の姿は驚きの連続でした。

    何より、子ども達の「自立」という姿が一番感じられました。
    先生が一つ次の行動を指示すると、自分のことを一生懸命に頑張っている子がいたり、
    自分の片付けが終わったら周りに目を向けて自然と助けられる子がいたり。
    また、それぞれの成長スピードに合わせて、先生方の声掛けと視点が違うところが素晴らしいと思いました。

    活動の時には先生の話を集中して聞き、分からない事やできないことがあれば手を挙げ、
    先生に手伝ってもらった後には「ありがとうございます。」と、
    当たり前のことを徹底してできる子ども達の姿に私自身背筋が伸びました。』

    この子ども達の姿に、ラバントの躾教育や異年齢保育の良さが詰まっていると感じました。

    ラバントの環境で過ごすから、子ども達がこのように成長していくのだと確信しています。

    ぜひ、一度見学にお越しください。

    ◆入園の申し込み・見学の申し込み・お問い合わせはこちらから
    info@lovant.net
    03-5355-7074


    YouTubeラバントチャンネル

    2019.07.11更新

    幼児教育の無償化についていろいろ

    10月から幼児教育無償化が実施されます。

    子育てをしていらっしゃる家庭には助かる制度ではありますが、保育の質確保を疑問視する声などもあり、現在議論を呼んでいます。

    私立の保育園の一番の良いところは、「人的環境の影響」です。
    同じ設備環境でも子ども達と密接にかかわる「大人(先生)」の影響で、子どもへの影響も大きく変わってきます。

    日本人は、「無料」「無償」という言葉に弱いと感じています。
    ”今”だけを見て無償の園に入園するのか、”将来”を見据えて、教育の質が良い園に入園するのか。

    大切なのは、「質」です。

    それは、本当に子どもの将来を考えた選択になっていますか?

    当園は、この制度には関わりはありませんが、本当に「子どものため」になる選択は何かを考えて園選びをする必要がありますね。


    YouTubeラバントチャンネル

    2019.07.10更新

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8