menu

いろいろ

幸せの正体は、人から大事にされること、人を大事にできること

更新日:2021.3.9|0(2週間) / 0(累計)

幸せの正体は、人から大事にされること、人を大事にできること
 貧しくても、病気になっても、多くの人から大事にされる人は幸せだ。人から大事にされるためには、自らがまず他の人を大事にすることである。

 他の人に心を向け、慈愛の眼差しを注ぐ。つまり、利他の心を常に持つことが大切だ。そうした心を育てれば、教育の究極の目的「子供の人生を幸せに導くこと」ができる。
  • この記事をシェア:

その他のタイムライン