menu

いろいろ

≪「BDNF」の分泌増加で、右脳教育の吸収率アップ!≫

更新日:2021.11.22|0(2週間) / 0(累計)

≪「BDNF」の分泌増加で、右脳教育の吸収率アップ!≫
「BDNF」とは、「Brain Derived Neurotrophic Factor」の略で、「脳由来神経栄養因子」という意味です。
人間が生活・成長する上で欠かせない分泌性たんぱく質の一種です。

運動をすると頭が冴えるというのは、運動を経験していれば多くの人が感じたことがあるでしょう。
それは、「BDNF」によるものです。
この「BDNF」は、運動によってその分泌量が増加すると言われているのです。

「BDNF」の分泌が増加すると、記憶力が良くなるとされています。
ここで言う記憶力とは、単純に覚えるということだけではなく、「経験」も含まれます。
人は何かを判断する時、自分自身の経験をもとにどうするべきかを考えます。

勉強がとても分かりやすい例です。
習っていないことは当然ながら答えられません。
例えば「2×5は?」と聞かれれば、過去に習ったことを思い返して「10」という回答を引き出すのです。

これは学校の勉強だけでなく、物事の良し悪しを判断したり、おつかいに迷わず出かけたり、も同じです。
瞬時に脳内の引き出しからその場に適したものを選び、言葉・行動に繋げているということです。
つまり、「覚える」という記憶力ではなく、記憶そのものの「使い方」が上手になると言えるでしょう。

運動によって「BDNF」の分泌が増加すると、しばらくその効果が続くとされているので、運動は朝の時間帯が最適となります。

脳が活性化した状態で着席活動を行うことで、さらに吸収率が良くなるのです。
それらのことを考慮し、当園ではお遊戯や外遊びで体を動かした後に右脳教育のフラッシュカードや百玉そろばんを行っています。

お子様にも「BDNF」の分泌量を増加させて、右脳教育を受けさせてみませんか?
  • この記事をシェア:

その他のタイムライン