menu

いろいろ

≪幸福度は人間関係で決まる?≫

更新日:2021.10.18|0(2週間) / 0(累計)

≪幸福度は人間関係で決まる?≫
人が感じる幸福度は、50%が「人間関係」で決まると言われています。
それは、子どもも同じです。

家庭や園での人間関係とは、親と子ども・先生と子ども・子どもと子どもの関係です。
その関係の質で、子どもの幸福度が左右されます。

保育園の役割の一つに、お友だちと集団で生活しながら、望ましい対人関係や社会生活の基礎を身に付けさせていくこと、があります。

2歳頃までは、主体性が強い「自我が芽生える」時期ですが、3~4歳にかけては、自分を抑えてお友だちに譲るなど、思いやりの心を芽生えさせるようになります。
そのような意味で、この時期はお友だちとの関係において飛躍的な変化を遂げる時期でもあります。

2~3歳の時期は言語発達が急激に進み、欲求も乳児期と比較して複雑になっていきます。
しかしその一方で、語彙も表現も、言語的な意思疎通が十分にできるほどになっていないため、子ども同士の衝突をよく目にします。
そのような場合は、先生が仲介に入って、子どもの気持ちを代弁したり、トラブルを解決したりします。

子どもが良好な人間関係を築くには、子ども同士を繋ぐ架け橋として、先生の“質の良いパイプ“が重要になります。
園にいる先生一人一人がどれだけそれを意識しながら、子ども達と関わることができるか、それによって「子どもの人間関係」は決まってくるのです。

また、子ども達自身にもお友だちとの関係性において、伝えていることがあります。
下記は、毎朝の授業で呼んでいる音読の一文からです。
『自分がされて嫌な事は、他の人にもしません。』

人間の感情の最も原初的なものは「快」と「不快」です。
不快感は避けたいですし、快感はいつでも喜ばしいものですよね。
自分が不快に思うようなことは、他のお友だちにもしてはならないですし、自分が不快になるようなことは他のお友だちからもされたくない。

それらを心に留めて、お友だちと仲良くありたいと努めることが、お友だちを大切にするということです。
  • この記事をシェア:

その他のタイムライン