menu

いろいろ

≪誕生の瞬間から教育が始まっています≫

更新日:2021.10.13|0(2週間) / 0(累計)

≪誕生の瞬間から教育が始まっています≫
さる貴婦人が、三歳になった娘を伴ってソクラテスを訪ねてきました。
「教育は幾つから始めたらよいか」と問うと、「すでに三年遅すぎた」と彼は答えたそうです。

教育は、誕生と共に始めるべきだとの教訓です。

ドイツの哲学者・教育者であるカントの言葉に「人は人によって人になる」というものがあります。
ここには「人」が三回出てきますが、最初に「人」には「ヒト」が当たります。
動物の分類上の位置であり、全てはまずヒトとして誕生します。

終わりの「人」は「人間」を意味します。

人の間、つまり社会生活ができる人間という意味ですが、カントは、ヒトからいきなり人間にはなれないと言うのです。

つまり、「人によって」初めて人間になれるというのです。
この真中の「人」は、「教育」を指していると考えるのが妥当でしょう。

「ヒトは教育によって始めて社会的人間となれるのだ」とカントは言っています。

「ヒト」を「人」に育てる。

それは、親と保育者の使命でもあると感じています。

ラバントの生活教育で、お子様を共に育てていきましょう。
  • この記事をシェア:

その他のタイムライン